長野県・飯山市・西敬寺

  ホーム飯山市>西敬寺
概要: 西敬寺の創建は慶長7年(1255)、釈善巧が開山したのが始まりと伝えられています。当初は川中島倉科にありましたが川中島の合戦の兵火により焼失し永禄年間(1560)に中野牛出に移ります。その後、飯山町深沢に移り寛文12年(1672)に現在地に移っています。現在の本堂は江戸時代中期に建立されたもので寄棟、金属板葺き、同時期に建てられたと言われる茅葺の山門や鐘楼など当時の雰囲気を残しています。古くから武田信玄の縁の寺と言われ、寺宝である木造聖徳太子立像(平安時代制作・長野県指定県宝・親鸞が善光寺参りの際弟子になった釈善巧に与えたものと伝わる。)は信玄の身代わりになって助けたという伝説が残っています。
スポンサードリンク

 ※ 当サイトへの相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。又、回答はあくまでも当社の考えであって1つの参考意見です。ご自身の責任でご判断下さい。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当社は一切責任を負いません。又、回答を直接的(当社の名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。 尚、リンクは自由ですが画像(写真)や文章等の利用は遠慮させていただいております。御理解の程よろしくお願いします。